パワーポイント資料製作 企画書.提出資料.決算報告 作成 代行
【パワラボ】 パワーポイント資料製作+ドキュメント(チラシ.パンフ.挨拶状.申込書.アンケート.カタログ.テンプレート.新聞)

企画書.提出資料.決算報告製作

パワーポイント資料作成トップ 資料作成の製作実績 資料作成のデザイン料金
パワラボTOP > 製作カテゴリー > 企画書.提出資料.決算報告製作
企画書・提案書

企画書提案書作成 このような方にお勧めです
・新規事業提案
・新規ビジネス活動
・コラボレーション
・需要創造.顧客開拓
・広告.販促活動 など

 これらの資料作成を
 検討されている方

新規事業内容の提案書、新規サービスの提案書などの提出資料を作成します。絶対に実現させたいすばらしい企画、ちゃんと形にして、相手にしっかりと伝わる形にし、良さを理解してもらうための資料です。構成する内容も大事ですが、見た目にも工夫をして、よりしっかり伝わる資料作りのお手伝いをします。

製作実績を見る 実際に作成した事例をご紹介しております。


point
企画書.提案書で最も大事なことは共感してもらうことです。何が相手にとって共感材料になるのか?という視点から考え、メリットを感じてもらえるものを簡潔にまとめることが大事です。


製作料金

製作費はプレゼン資料作成料金に準じます。※ページ制作費+基本料金
※最低製作枚数:5ページ〜 ※ご検討の方は必ず詳細ページをご確認ください。




料金ページを見る ご検討の方は必ず詳細ページをご確認下さい。




料金ページを見る ご検討の方は必ず詳細ページをご確認下さい。




製作に関するご注意

料金に関するご注意
ラフデザインを作成した時点で製作料が発生します
製作後、キャンセルされる場合はそれまでの製作分を請求させていただきます。
表示価格は予告なく変更する場合がございます。

デザインとイラストに関するご注意
デザインについては1点のみのご提案になります。デザイン性についてご希望がある場合は必ず事前にデザインサンプルをご提出ください。※詳細はデザインについてをご確認ください。使用するイラストについても1タイプのみをご提案しております。イラストをお選びになりたい場合は、契約サイトをご紹介しますので事前にご連絡下さい。※詳細はイラストについてをご確認下さい。




なぜ資料作成を外注した方が良いのか?

資料作成のプロは何が違う?
資料作成は言葉やデータをまととめれば作成できます。ネット上ではテンプレートもあり、資料作成のサポートは充実しています。パソコン作業に慣れている方ならある程度見やすい資料は作成できるます。それでは、なぜ外注してまで作成した方が良いのでしょうか?

客観的視点で見られる
クリエイターはお客様の提案内容を客観的な視点で見ることができます。その分野(お客様の専門分野)ではまったくの素人です。外部への提案書は素人が見てもわかるようなものであるべきだと考えます。

企画のメリットを重視する
また、その企画に対してメリットが感じられるかを重視します。興味を引かない内容では、読み進める気になりません。ターゲットがどの部分にメリットを感じるのか、部外者だからこそ客観的な視点を持つことができるのです。

デザイン性が上がる
デザイン性が増すことはいうまでもありません。企画者はその内容について強い想いを持っているので、作り込めば作り込むほど客観的な見方が難しくなってきます。クリエイターは文書や図などを主観抜きでビジュアル面から「見やすいか」「見やすくないか」という視点で見ることができます。




具体的にどのようなデザインの工夫がある?

全体的な統一感と体裁
提案内容を加味して、決して目立ちすぎず邪魔をせず、内容を理解してもらうことに主眼を置き、業種やサービス内容に沿った彩色や雰囲気を考慮しながら全体的な統一感のあるデザインを作成します。色は使いすぎず3色程度に絞って要所に配置します。

理解をサポートするイラストの挿入
内容を説明するためやイメージを促すため、また単調なデザインにアクセントをつけるためにイラストを要所に配置します。イラストの選定はあくまで内容理解をサポートするものとし、目立ちすぎず邪魔にならないように配慮します。

要点をサポートするための図表作成
グラフや図をわかりやすいデザインを起こします。また、その図.グラフで何を言いたいかがわかるようなサポート部品を追加、イメージを理解していただくためのイメージ図なども作成します。※単なる作図ではなく、こちらがアイデアを出すものは別途費用が発生します。

適所にタイトルを追加
(※コンサルコースから可) 長文はなかなか読んでもらえません。長文はいくつかに区切って固まりで見せると読みやすくなります。その塊ごとにタイトル(小見出し)がある方がより読みやすくなります。(例:この文脈の構造そのものです:小見出しと本文があります)

文章の添削
(※コンサルコースから可) 編集をしながら文字を触る過程で、なんとなく文章を読んでおります。文脈の流れでより良い表現があれば、書き換えております。




そもそも企画書.提案書がなぜ必要なのか?

書類がない場合…
・口頭や簡単なメモでは忘れ去られてしまう。
・そのことが大して重要だとは思われなくなる。
・その場だけの情報提供に終わり忘れ去られてしまう。

書類がある場合…
・きちんと書類にすることで相手も真剣に受け取る度合いが増す。
・誰でも見ることができるので、複数人で審議ができる。




企画書と提案書の違いは?

企画書とは
社内 組織内での企画提出用資料。実行可能なアイデアやプランの提示、新商品の開発、新規プロジェクト、新サービスの提案書。

提案書とは
社外用。顧客に対しての企画提案書。事業の収益性、実現性、メリット、具体的な解決策などを客観的なデータをもとに提示する。




何ページくらいが適当?

5ページ〜10ページくらい
5ページ〜10ページくらいが適当です。相手に本当に理解してもらいたい部分だけをピックアップして簡潔にまとめる必要があります。

ページ数が多すぎると…
何十ページもあると相手の負担が大きくなります。多すぎる情報は、結局何が大事なのかわからなくなりかねません。印象も薄くなり、焦点がボケてしまいます。




CTPTとは

コンセプトを明確にしてターゲットの絞り込みをし、段取りを行い、ツールを使い実現化するマーケティングの手法です。資料を作成する際はCTPTを意識しながら組み立てることが重要です。これらの要素が欠けていると、企画書.提案書として説得力に欠けてしまいます。

C コンセプト どのような内容? どんな事業? どんな商品.サービス?

T ターゲット どのような顧客? 誰を相手にする?

P プロセス どのように実現させるのか?

T ツール 具体的に何を使うの?

CTPTの中で、最も重要なのが「何を」「誰に」売るかです。どんな良い商品でも需要そのものがないと実現化そのものが怪しくなります。企画を通すためには、マーケットのニーズもしっかりと視野に入れて相手を説得できるデータ収集が必要です。
なぜそれが実現できるのか? それが提案者の単なる願望ではなく、ロジカルシンキングに基づき、データに裏付けされたストーリー展開が必要です。数値化したものはグラフなど、ビジュアル的にわかりやすい見せ方で工夫すると、より理解しやすくなります。




6W2H

Who 誰が 誰が(どこが)実施するの?

What 何を どんな製品 サービス 事業を? どんな価値を?

Where どこで どの市場で展開するの?

Whom 誰に どんなターゲットに?

When いつ いつ実施するの?

Why なぜ 社会的意義は? 社会貢献に寄与できる?

How to どのように どんな方法で実施するの? ノウハウや手段は?

How much いくらで 資金や販売価格などは?




製作実績

製造メーカー様
自動車サービス関連会社様
水道管理事業会社様
運送関連事業会社様
イベント関連事業会社様
健康関連事業会社様
新規ソフト開発事業者様


デザイン実例









企画書作成
資料製作をご検討中の方へ 

資料製作を頼みたいけどどうなるか不安…。
連絡した後に何をすればいい? デザインはどうやって作るの?
事前に確認できるの? 支払いは?
ご利用ガイドで全体の流れをご確認ください

パワーポイント資料作成のご利用ガイド



フォームからのお申込みはこちら





この画面のトップへ


パワラボ★パワーポイント プレゼンテーション 資料作成代行
〒761-0443 香川県高松市川島東町74番地
お問い合わせはお気軽に…   月〜金 9:00〜17:00
お問合せ
メールアドレス